ホーム > 完成までの流れ

完成までの流れ

住宅の設計を例に設計業務の流れをご説明します。

設計相談

まずは、ご相談ください。

一歩踏み出すことで、何かが、見えてきます。
あなたの想いを感じ取り、適切なアドバイスをさせていただきます。

たとえば、限られた敷地にどれだけの建物が建つのか
バリアフリーにしたい、エコな建物にしたい
建築費をおさえるための方法は
予算組のための大まかな建築費が知りたい
設計料ってどれだけかかるの
etc.

お電話か、メールでお会いする時間を設定し、
来社していただき、お話をお伺いします。
また、当社の手掛けた物件を図面や、パース、写真等で
ご覧いただき、イメージを膨らませていただくことができると思います。
小さな事務所ですが、コーヒーやお茶を入れてお待ちしてます。
敷地を見てほしいというご要望があれば、
現地でお会いすることもできます。
あるいは、メールでのご相談もお受けしております。
※設計相談は無料です。

基本計画

設計に先立ちお客様の希望をお伺いし検討し、 基本設計への設計条件を整理します。

敷地の位置の確認、面積の確認、
周辺条件の調査、法的なチェック等により
お客様のご希望に沿った形に整理していきます。
簡単な平面図にして提示させて頂きます。

お客様が、当社に設計を依頼しようというと
思っていただきましたら「業務委託契約」を結びます。

基本設計

お客様から示されたご希望を総合的に図面化してきます。

建物の配置、間取り、各部の寸法や面積、設備等
品質や予算のバランスを勘案しながら検討していきます。

お客様の想いを形にするための大切な過程です。
お客様と設計者が手を取って、納得のいくまで打ち合わせを重ね、
決定していきます。

実施設計

基本設計が固まったら、実現(建設)に向けての図面作成です。

意匠設計図、構造設計図、設備設計図、各工事の仕様書等
工事に取り掛かるために必要な諸手続きと図面作成です。

建物を建築するための「建築確認申請」をおこない「確認検査済書」が
発行されないと工事は着工できません。
建築の途中で変更等が出ないよう、入念な打ち合わせが必要です。
要望や疑問は、設計者にストレートにお伝えてください。

設計監理

工事請負契約時の専門的アドバイスと、 工事期間中の監理業務を行います。

施工業者の見積内容の確認、予算調整等、工事請負契約までの
お手伝いと、工事期間中、設計図の明確な伝達や、施工検査
強度検査、材料検査等のチェックを行い、請負契約書に従った
工事が行われているかを監理します。

建物の完成にむけてお客様、設計者、施工業者が
コミュニケーションを大切にし、共に尽力する数カ月間です。
最後に完了検査を受け引き渡しとなります。

着工〜竣工

いよいよ工事着工

地鎮祭を執り行い、工事の安全とお施主様のご繁栄をお祈りし、いよいよご着工です。
施工には、厳重な注意をはらい、丁寧且つ頑丈な施工に努めてまいります。
竣工までに自社チェックを併せ第三者機関による構造・完了検査を受けています。
お引渡し前に、自社規定による100項目以上に及ぶチェックを行い、万全な状態でお渡し致します。

お引渡し

検査を経てお引渡しとなります

お引渡しの際には、各設備の使用方法、注意点をご一緒に説明させていただきます。また、保証書、取扱説明書、図面一式等をファイルにしてお渡しいたします。ここからが本当のお付き合いのスタートです。

アフターケア

いつでもご連絡ください

お引渡し後は、半年、1年、2年と専門スタッフまたは工事担当者が定期的な点検にお伺いし、万全のサービス体制でお住まいを見守り続けます。また必要に応じて、住まいのメンテナンスや増改築の相談も承ります。

完成までの流れ

建物建造録!!

アクセス

このページのトップへ